中谷彰秀|不織布製造部|30代男性

INTERVIEW 01

どんな人でも、自分の良い所を
生かしながら働ける。

中谷彰秀|不織布製造部|30代男性

不織布を生産する機械を操作して、自動車の内装材などに使われる不織布を製造しています。国産の自動車には、当社の製品が多く使われているのではないでしょうか。車を見て「これは西川ローズで作ったな」と分かると嬉しくなります。

一番に心がけているのは、
「安全第一」です。

オペレーターとして機械を動かしているので、機械が正常に動いているか、製品が規格通りになっているか、不良が出ていないかについては常に細心の注意を払っています。機械の操作自体は、慣れてしまえば難しいことはありません。いつも気を使っているのは、製品の異常をいかに早く発見するか。常に目を光らせて、何かあったら機械を止めて点検をします。

仕事をする上で一番に心がけているのは、安全第一です。機械は常に動いているので、巻き込まれるなどのトラブルがないように、日々点検や安全確認を徹底しながら仕事をしています。

いつも試行錯誤。大変ですが、
スキルが上がるごとにやりがいを感じます。

仕事をしている中で、困ったなと思うことや悩むこともあります。例えば、思ったように段取り良く進められなかったり、もう少し効率良くやるにはどうしたらいいか悩んだり。今私が担当しているのは一人で作業をする工程なので、進め方は自分次第。作業効率を上げるために、こっちを先にした方がいいかなとか、これとこれは同時進行で進めようとか、いつも試行錯誤して上手く進められる方法を考えています。

流れ作業ではないので、一人でこなす範囲が広いのは大変ですが、その分、自分のスキルにもなっていくので、できることが増えるごとにやりがいを感じます。

職場はけっこう賑やかで、フランクな雰囲気です。困った時はすぐに上司や先輩が助けに来てくれて、アドバイスをしたり、手を貸してくれたり。交代で同じ仕事をしている仲間もいるので、どんなやり方がよいのか相談することも多いです。何かあっても一人で抱え込むことはないし、コミュニケーションが密に取れる環境があるのは、ありがたいなと思います。

会社を休まず、子供の参観日に
行けるのはすごく貴重。

機械を動かすのが主な仕事なので、特に機械が好きな方は楽しめると思います。仕組みや動かし方はやっているうちにわかるようになるので、はじめから特別な知識はいりません。一人で没頭して作業するのが好きな方は集中して進められるし、チームワークが得意な方はまわりとコミュニケーションを取りながら働けるので、どんな方でも自分の良いところを生かしながら働けると思います。

私は朝、夕方、深夜の3交代のシフトで働いているので、会社を休むことなく平日に子供の参観日や学校の行事に参加できるのは、すごく貴重だし良かったなと思います。3交代のシフトは一見不規則に見えますが、徐々に生活のリズムができて慣れてきます。仕事もそうですが、自分で時間を管理するのが得意な方には向いている職場かもしれませんね。

自分に寄り添ってくれて、
自分からも歩み寄りたいと思える会社。

私は大学を出てから他の会社にも勤めましたが、どんな職場でも理想と現実は違うものです。今就職活動をされている方も、こんな仕事がしたい、こんな会社じゃなきゃイヤだ、という思いはあると思いますが、正直、全てが思い通りに行くことはまずありません。だから理想の条件に縛られるよりは、自分に寄り添ってくれる会社か、自分からも歩み寄りたいと思える会社かを一番に考えるのが良いと思います。

この会社は面接の時に、休みに融通がきくことなどをしっかり伝えてくれたので、安心感がありました。会社と自分、どちらかが我慢するのではなく、お互いが譲り合って働ける点が良い会社だと思います。

私達と働いてくれる仲間を募集しています。

コーポレートサイト
リクナビ2021